「自分を変える3つの方法」に乗らない理由がない

自分を変える方法としてよく知られているのが、経営コンサルタントの大前研一氏が著書『時間とムダの科学』にて語られている以下の言葉です。

人間が変わる方法は三つしかない。一つは時間配分を変える、二番目は住む場所を変える、三番目は付き合う人を変える、この三つの要素でしか人間は変わらない。もっとも無意味なのは、「決意を新たにする」ことだ。かつて決意して何か変わっただろうか。行動を具体的に変えない限り、決意だけでは何も変わらない。

大前研一 『時間とムダの科学』

きっと世の中にはたくさんの「自分を変えるためのライフハック」が存在するのだと思いますが、僕も結局はこの3つに落ち着くんじゃないかなと思ってます。

というか、この3つの方法を提示された時に「他に良い方法があるんじゃないか…」と思って、別の選択肢を模索しようとする時点で、きっとその人が変わることは難しいんだろうなと。

目次

大前提:自分を変えるのは難しい!

そもそもの話として、自分を変えるのはとても難しいことです。

「自分」を構成する要素は数えきれないほどありますが、要は自分自身の脳みその使い方だったり、物事に対する捉え方や考え方など「自分が世界をどう捉えているか」が、自分を自分たらしめている最大のポイントだと言えますね。

まだ自我が芽生えて間もない幼少期ならまだしも、20〜30年ほど生きてきた過程で、自分自身の考え方とか性格とか、他者とのコミュニケーションの取り方とか、物事の受け取り方とか、感情の癖とかって、凝り固まってくるのが普通なんですよね。

そんな凝り固まった状態で、短期間で自分自身を変えようというのは無理があります。

敢えて断言すると「自分は変えられる」と僕は信じていますが、ただそれはそんなに簡単なことではないし、中途半端な気持ちで中途半端な行動を取ったところで、思考や行動の恒常性維持機能が働き、また「いつも通り」の自分に戻ってしまいます。

「自分を変えるのはとても難しい!」という前提を持っているか否かで、その後の行動や態度は間違いなく変わっていくわけですね。

変えやすいところから優先的に変えていく

自分を変えることはとても難しいからこそ、まずは変えやすい部分から優先的に変えていくことが必要です。

じゃあ「変えやすい部分」って一体何かというと、

  • 変化したことが一目でわかること
  • 変化するまでに要する期間が少ないこと

この2つの条件が揃う部分だと僕は思ってます。

例えば「痩せる」とか「綺麗になる」ことで、見た目が変わり、周囲からの扱われ方も変わり、日常生活の中で様々な得をするようになり、結果として内面からも自信が満ちてくることは容易に想像できるでしょう。

このような見た目の変化の場合、変化したことが誰の目からも一発でわかるので、変化による効用の大きさを実感しやすくなり、もっともっと自分を変えていこう、アップデートしていこうという意欲も湧いてきますよね。

逆に「なんか明るくなった」とか「物事の捉え方が変わった」といった、内面的な変化の場合は、そもそも自分も含めて変化に気づきにくいので「変えにくい」とも言えます。結局は変わったとか変わらないって、主観的なものでしかないですから。

ただ、ダイエットや筋トレの場合は、今の自分を理想的な自分にアップデートさせるまでの期間が長いですし、最初のうちはいくら頑張ってみても変化を感じられにくいので、途中で挫折する可能性が非常に高く「変えやすい」とは言い難いわけです。

それに対して、例えば「住む場所を変える」場合は、内見をして契約を結べば、多少の必要な出費があったり入居開始までの期間の問題はあるにせよ、すぐに変わることができます。それに変化もめちゃくちゃわかりやすいですよね。

引っ越しすらできないようじゃ自分を変えるのは難しい

ちょっと厳しい意見かもしれませんが、僕は基本的にこんな風に考えています。

結婚していて小さなお子さんもいて、もう住宅ローンも払っていて…という場合は決して簡単ではありませんが、独身だったり、結婚はしてるけど子どもはいなくて賃貸暮らしの場合は、引越しってそんなにハードルは高くないですよね。

もちろん、1日かけて内見をしたり、荷作りをしたりといった、諸々の手間暇はかかりますし、それなりのお金もかかってきます。

ただ、お金がちょっと不安だとしても、不用品をメルカリで転売したり、単発のアルバイトを入れてみたり、今の時代だったら、ちょっとお金を稼ぐくらいの手段って普通にたくさんありますよね。

それさえも「面倒だ」と感じるのであれば、やはり自分を変えることは難しいですし、そもそも、そこまでして自分を変えようとは思っていないのかもしれないです。

先人の知恵よりも自分の感覚を優先してしまう人

もしかしたら、こんな人もいるかもしれません。

人間が変わる方法は三つしかない。一つは時間配分を変える、二番目は住む場所を変える、三番目は付き合う人を変える、この三つの要素でしか人間は変わらない。もっとも無意味なのは、「決意を新たにする」ことだ。かつて決意して何か変わっただろうか。行動を具体的に変えない限り、決意だけでは何も変わらない。

大前研一 『時間とムダの科学』

この意見を聞いて「本当かなぁ?」と訝しんだり「そんなんで自分を変えられたら苦労しねーよ!」とすぐに否定してしまう人。

他者の意見を聞いて、斜に構えて否定してみたり、最初から試してみることすらせずに選択肢を排除しちゃう人って、やっぱり変化への耐性が弱いものですし、すごく人生もったいないなーと思うんです。

それは言ってしまえば、今までの自分の価値観や判断基準や性格を最優先してしまっているというわけで、本当に自分を変えたい、あるいは人生を変えたいのであれば、今までの自分の中にない意見や考え方ほど積極的に採用していく必要があります。

それに、今回のケースで言うと、オピニオンの主は超有名経営コンサルタントの大前研一氏な訳で、ビジネスでも人生でも大きな成功を収めている方ですから、その方の人生経験に基づく意見と、今までの自分の感覚を天秤にかけた際に、果たしてどちらの方が重みがあるかという話ですよね。

変えられるものは全て変えるくらいの勢いで

一貫して申し上げているように「自分を変える」のは相当に難しいことです。

そして世の中のほとんどの人は「変化」に対して拒絶反応を示したり、普通に生きているだけで「より変化の少ない方」を選んでしまっています。

だからこそ、住む場所も付き合う人も時間配分もそうですが、変えられるものは全て変えるくらいの勢いで、少しでも確実に「変化を好む習慣」をつけていきましょう。

例えば、普段だったら絶対に聴かない音楽を聴いてみるとか、自分なら選びそうにないメニューを注文してみるとか、いつもと帰り道を変えてみるとか、その程度のことでもOKです。

「ルーティンなんてクソ喰らえ」という意識で、積極的に毎日の習慣を壊し、新しい物事を始める意識を身につけていきましょう。

余談ですが、僕の周りの成功している人や人生を楽しんでいる人は皆「これオススメだよ!」とか「これやってみたら?」とオススメされたものに対するフットワークが本当に軽いです。

「このYouTube面白いよ!」と友人から言われたら、すぐにチェックして感想を教えてあげられるくらいになれば、だいぶ変化しやすいモードになっているんじゃないかなと思います。

人生を変えるには、まず自分を変えることから

「人生を変えたい」と願う人は多いですが、人生を変えるには今の自分自身から変わらないといけません。

なぜなら、人生の所有権はあくまで自分自身の元にあり、自分自身が変わることなくして、人生が変わることはありえないからです。

なので、仮に宝くじが当たって億万長者になれたとしても、自分自身のメンタルやマインドが変わらない限り、すぐに元の自分の人生に戻ってしまうでしょう。(高額当選者の破産率が高いことはご存知ですよね?)

何かを新しく始める前に「こんな自分でも本当に大丈夫ですか?」と質問される方がいますが、このロジックで言ったら、誰でも「大丈夫」だということになりますよね。だって自分自身をこれから変えていくことになるわけなので、今の自分がどうかなんて何も関係ないわけですから。

ただ「こんな自分」のまま、将来の結果だけ変えようというのは非常に難しい話です。

本当に今の人生を変えたいのなら、今の人生の延長線上の未来に希望が持てないのなら、まずは自分から変わっていきましょう。そのために、引っ越しをするなり、人間関係をガラッと変えるなり、1日の時間の使い方を確実に変えることから、今日この瞬間から始めていきましょうね。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる