再現性が高いビジネスから始めて再現性の低いビジネスに移行する

自分でビジネスを始めようとする際に「社会で誰もやっていないことをやらないといけない」とか「独自性の高いことをやらなきゃいけない」とか「ブルーオーシャンを狙うべきだ」と思っている人は多いです。

それが間違っているとまでは言いませんが、全くのビジネス未経験からビジネスを立ち上げるのであれば、僕なら「みんなが挑戦していること」にまず着手して、その中で少しでも魅力的な結果が出せるように一極集中することを選びます。

なぜなら、そこにはとても魅力的なマーケットがあるからです。

目次

実践者が多い領域=顧客が多い領域

ゼロからビジネスを始めるのであれば、

  • 実践者人口が多い領域
  • 成功する上での再現性が高い領域

にまず挑戦をして、その中で成功体験を積んでいきます。

ゴールドラッシュの逸話は有名ですが、「砂金が採れる!」と大きく話題になった時に一番儲けることができたのは、金鉱を掘った人ではなく、労働者に対してスコップやジーンズを売った人たちです。

今でもテレワークが増えたことでテレワークグッズが売れるようになったり、YouTube実践者が急増したことで、YouTuberの事務所や広告代理店、シナリオライターや塾などが儲かるようになったりと、「実践者が多い領域」の周辺には金のなる木がたくさんあると捉えることができます。

なぜなら、プレイヤーが多いということは「顧客が多い」ことを意味するからです。

例えば、スポーツ関連のコンテンツビジネスをやるにしても、メジャースポーツはレッドオーシャンだと早合点して、マイナースポーツに目を向けても興味を持つ人が少ないとビジネスとして成立しません。

それなら、サッカーや野球、格闘技やゴルフといった領域でビジネスを展開する方が、よっぽど数字は伸ばしやすいでしょう。

結果を出して「プロセス」を販売する

実践者が多い領域で勝負することを決めたら、その次は「再現性の高い方法で成果を出す」ことに集中して取り組みます。

「再現性が低い方法で成果を出した方が真似されなくていいんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、再現性が高い方法で成果を出すことができたら、次は「それを指導して成果を出してもらう」ことでマネタイズができるようになります。

例えば、僕の場合はビジネスの初心者時代にトレンド系キーワードを狙ったブログアフィリエイトに取り組みましたが、なぜそれをやろうと思ったかというと、たくさんの人が「初心者にオススメ」だと主張していたからです。

「再現性の高さ」にも濃淡があると思いますが、要は「その人のやり方をモデリングしたら、自分も同じように成果が出る」と言えるのであれば、十分に再現性があると言えると定義して良いでしょう。(もちろん、モデリングのしやすさだったり、成果の出方にはバラつきがあるでしょうが)

例えば、オンラインビジネスであれば、ブログだけでなく、YouTubeや物販、広告集客、あるいは不用品転売なんかはその際たるものですよね。

また、ビジネス以外の領域で言うと、ダイエットや恋愛、ゴルフ、家族関係、音楽なども、再現性の高い方法で成果を出しやすい領域じゃないかなと思います。

お金を払ってでも解決したいことか

僕が最初に参入するビジネス領域として「マネタイズ分野」を選んだ理由は、お金を払ってでも学びたい人や、お金を払ってでも解決したい人がたくさんいるという確信を持ったからです。

いくら「再現性が高い方法で成果を出す」ことができるといっても、「お金を出してでも会得したいこと」でなければ、ビジネスとして成立させることは非常に難しくなります。

例えば、あなたがサッカーゲームのウイニングイレブンがめちゃくちゃ強いとして「誰でも簡単にウイイレで勝てるようになる方法を教えます」というビジネスをやろうとしても、そこにどれだけお金を払いたい人がいるかと考えると、非常に厳しいのではないでしょうか。

僕が最近DRMのコンサルに入っている方だと、ビジネス、恋愛、動画制作、離乳食教育、料理、といったジャンルでビジネスを展開されている人たちがいますが、どれも実際に社会でビジネス領域として認知されているジャンルですよね。

実際に自分が今からやろうとしている内容でビジネスをやっている人がいるかどうかというのは、需要の有無を見極める上で、非常に重要な指標となります。

みんな「誰もやっていないこと」を探したがりますが、世界中の誰もやっていないことは、単に「需要がないから誰もやっていない」と考えるのが妥当ですから。

再現性が低いビジネスへと移行する。

「再現性が低いビジネスで成果を出して、成果を出すまでのプロセスを商材化する」だけでも、普通に大きな収益(月100万円以上)を出せるようになります。

それに、仮にコンサルティングやデジタルコンテンツのような無形商材の場合でも、「顧客を集めてセールスをして売上を作る」という過程の中で、更に再現性の高い成功実績をたくさん作れるようになります。

例えば、SEO集客、広告集客、ステップメール構築、WEBサイトデザイン、SNSアカウント運用、セールスライティングなど、ゼロから商品を作って売るまでの過程は、シンプルにめちゃくちゃニーズがありますよね。

ただ、そこから先、更にビジネスの基盤を盤石にしていくためには、再現性が低いビジネスで培った様々なリソースを活用して「再現性が低いビジネス」に移行していくことも大事です。

つまり「あなただからできたんでしょ?」と周りから言われるようなことをやろうということですね。

ここまでビジネスを成長させてこれたら、たくさんの武器が手元にある状態になっているはずです。

例えば、シンプルに自由に使える「お金」も増えているはずですし、「知識や技術」だったり「ブランディング」といった自分が売れるための要素もそうだし、あるいは「人脈」もめちゃくちゃ大きいですよね。

そうした数々の武器を総動員して「誰でもできるわけではないビジネス」、つまりは再現性が低く、参入障壁が高いビジネスに挑戦していくといいですね。

その結果、誰かに脅かされることのない、確固たるポジションができますし、ビジネスの基盤も盤石になります。

ビジネスは個性ではなく需要が大事

まとめると、

まずは再現性が高く参入障壁が低く実践者が多い領域で成果を出す。
その次は、その実績を活用して、同領域のプレイヤーを顧客に成果を伸ばす。
その過程で得た武器を動員して、参入障壁が高いビジネスに参入する。

という流れが、ゼロからビジネスを始めて、長期的に大きく売れ続けていくための道筋です。

最初から他人と違うことをやりたがったり、誰も考えついていないようなアイデアがないと起業できないと思っている人は多いですが、ビジネスは個性があるかどうかではなく、需要があるかどうかの方が遥かに大事です。

完全なブルーオーシャンなんてものは存在しないくらいに思ってあげて、レッドオーシャンの中で小さくとも確実に成果を出して、レッドオーシャンで泳いでいるたくさんの人たちが必要としているものを提供していくことが、堅実にビジネスで成功を収めるための近道です。

まずは需要があることをやる。需要がある人になる。ここからスタートです。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる