情報発信初期フェーズの集客は「他者の影響力」を活用しよう

ゼロから情報発信ビジネスを始める場合、最初にして最大の関門となるのが「集客」です。

本業等で質の高い人脈を持っていたり、SNSやYouTubeで数多くの人と繋がっている場合はまだしも、何も影響力を持っていない状態からブログやYouTube、SNSで情報発信しても、自分のターゲットとなり得る人に認知されるまでには、それなりの時間を有するものです。

ちなみに僕がメルマガを始めてから、最初の登録があるまでは、約3ヶ月の月日がかかりました。(長かった…!)

今は広告を使った集客も主流ではありますが、自分のメディアやSNSなどで無料集客をしていく場合、ほとんどの人が自分のブログ記事を充実させたり、YouTubeチャンネルをコツコツ育てたり、SNSも毎日10記事みたいにノルマを決めて頑張っている人がほとんどだと思います。

ただ、効率よく自分の影響力を高めて、多くの人に認知されようと思ったら、他者のメディアやコンテンツをガンガン活用していくことも真剣に検討していった方がいいんですよね。

そんな話をしようと思います。

目次

ビジネスの目標は「売上を作ること」

情報発信を始める際に「よし!まずは集客だ!」と、自分の運営しているブログに毎日記事をコツコツしたり、自分のSNSアカウントで毎日頑張って何ツイートも投稿したり…という人はとても多いです。

ただ、何も影響力のない個人が毎日コツコツ自己完結型の発信をしたところで、最初は誰にも見てもらえないですし、驚くほど反応も来ず、数字も伸びないのが当たり前なんですよね。

特にブログアフィリエイトとか物販とか「自分でコツコツ頑張って成果を出す」という領域で頑張って実績を出してから情報発信を始める人にありがちなのですが、とにかく自分のコンテンツを作ることに、盲目的に全力を捧げる人は大勢います。

ただ、最終的なビジネスの目標はあくまで「売上を作ること」です。

そのための最初のステップとして「集客」があり、そのためのステップとして「認知を取ること」や「認知をしてもらった上で共感されること」があり、その手段の一つとして「自分のコンテンツを充実させること」があります。

だからこそ「コツコツ自分のメディアを作り込んでいけばいい」みたいな、オウンドメディア至上主義みたいになってしまうと、時にめちゃくちゃ非効率になってしまうわけです。

それこそ「とにかく発信すること」が目的になってしまい、ブログを100記事書いても、Twitterを毎日10投稿しても、結局何も起きませんでした…みたいになってしまっては虚しいばかりです。

他者の影響力を借りればいい

全く影響力を持たない人が、ゼロから集客のスピード感を上げるための最善の方法は「広告を出稿すること」ですが、それ以外だと「他者の影響力を借りること」も効果的です。

例えば、ブログだったら、ドメインが弱くて誰からも見られてない自分のブログにコツコツと記事を書き溜めていくよりも、既に影響力と集客力があるブログに、自分の記事を書かせてもらい、最後に自分のブログやLPへの導線を貼らせてもらえないか頼んでみた方が、遥かに効果的です。

また、YouTubeだったら、まだチャンネル登録者が100人もいない自分のチャンネルにコツコツ動画を上げていくよりも、既に多くのファンを抱えている人のチャンネルにゲストとして出演して、最後に自分のチャンネルやLINEの宣伝をさせてもらう方が、集客が軌道に乗りやすくなります。

また、Twitterでも、毎日自分の意見や主張ばかり10ツイートも20ツイートもしているのではなく、積極的に他の誰かのツイートを引用リツイートしてみたり、リプを送ってみたり、メンションを送ってみたりした方が、早く認知を取れるようになりますよね。

影響力を借りる人とWin-Winの関係を

誰か他人のインフルエンスを活用させてもらうには、当然ながら相手にとってもメリットがなければいけません。

上記の例で言うと、ブログの場合はコンテンツを、YouTubeの場合はネタをそれぞれ提供していることになりますし、SNSでもリアクションが多いツイートはアルゴリズム的に優遇されやすくなると考えられているため、リプや引用リツイートをする時点で相手にとっては嬉しいことです。またメンションも「○○さんがお薦めしてたこの本めっちゃ勉強になった」みたいに相手にとってプラスの内容であれば、相手も悪い気はしないでしょう。

ちなみに、冒頭で埋め込んだツイートについてですが、僕が情報発信を始めて間もない頃によくやっていたのが「教材を買って、成果を出して、推薦文を書いて、教材販売者に掲載依頼を送る」というものでした。

実際に推薦文を送った相手は喜んでくれましたし、他の発信者のサイトから、僕が書いた推薦記事経由でオプトインしてくれて、最終的に成約まで至ったケースは何度もありました。

僕も色々な人からの推薦文をサイトに載せているのでよくわかりますが、コンサル実績紹介や推薦文が充実していると、それだけで自ずと集客やセールスの時に売れやすくなるので、まさにwin-winの関係なんですよね。

影響力を持っているメディアを攻略する

メルマガを始めてから最初の登録者が入るまで3ヶ月ほどかかったと言いましたが、そこから2ヶ月くらいの間はずっと1日1件くらいのペースで低空飛行していたんですね。

ただ、約2ヶ月後のある日をキッカケに1日のメルマガ登録数は5〜10件の間がデフォルトになり、ほぼ何もしなくても無料でリストがどんどん増えていきました。

その時に何が起きたかというと、僕の作ったコンテンツが大きくバズって、Yahooニュースにも掲載されたりしたんです。その結果、僕のサイトにも超強力な被リンクができて、色々なキーワードで上位表示しやすくなりました。

ここでのポイントですが、大きくバズったコンテンツは、僕のWordPress上に公開されている記事ではなく、他のテキストコンテンツ投稿メディアでした。

その時に僕が狙っていたことは、とにかく記事をバズらせて、集客力アップのための影響力をつけることだったのですが、WordPressで作った素人感の強いメディアではどうも難しそうだと思ったんです。

だから、当時「バズりやすい」ことで有名だった某サービス上にコンテンツを投稿し、その記事に自分のサイトへのリンクを貼っておくという選択をしました。

当時はそのメディアをめちゃくちゃ研究して、バズっている記事とバズっていない記事は何が違うのかについて、記事のテーマから一文の長さから、画像を使う頻度や位置に至るまで、徹底的に研究しまくったことが功を奏したのですが、そもそもWordPressで作った自分のブログにその記事を入れていても、こうした結果はもたらされなかったと思います。

今でも、インスタが流行ってTikTokが流行って、Standfmのような音声メディアもジワジワと人気になって、Clubhouseが盛り上がるかと思いきや一気に沈静化して…という流れがありますが、「勢いのあるメディアを攻略すること」や「自分が勝てるメディアを探すこと」も普通に効果的だったりします。

自分のメディアを育てることも大事

もしかしたら、この記事を読んで「自分のブログにコツコツ記事を入れていくのは無意味なの?」と思われるかもしれませんが、僕は思考停止状態で「なんとなくブログを書いていればいつか報われるだろう」と希望的観測を持つことを否定しているだけで、自分のブログにコンテンツを充実させること自体は否定していません。むしろ素晴らしいことだと思っています。

ブログにしてもYouTubeにしても、資産性の高いコンテンツを投稿すれば、立派な資産として機能してくれるようになりますし、良いコンテンツがたくさん格納されていけば、それだけで信頼性が高まっていきますし、ブランディングになるんですよね。

ブログもYouTubeも自分の名刺がわりになりますし、実力や価値観や理念や人となりを証明するコンテンツです。

それこそ、このブログもオーガニック検索からの新規集客というよりも、僕自身がどういう人間かを知ってもらったり、考え方や価値観を知ってもらうことを通じて、良い出会いが自然発生したり、すでに僕と出会ってくれている誰かと良い関係性を維持するために運営しています。

特にブログの場合は、プラットフォームのデザインも使う言葉も、全てを自分の思い通りに表現できる、いわばフラッグシップストアのようなものです。

ただ旗艦店だけだと、新規への入り口を増やすことができないので、既に人気のあるブランドとコラボをしたり、集客数の多いショッピングモールや百貨店に出店したりするイメージですね。

それこそ一時期一世を風靡したカナダグースのダウンジャケットも、ユナイテッドアローズなどセレクトショップで取り扱われ出してから人気が爆発しましたから。個人の情報発信ビジネスも同じように捉えていただければ。

思考停止にならない!

最後にまとめですが、結局は「思考停止にならない」ことが何より大事です。

なんとなく記事を書き続ける、なんとなく動画をアップし続ける、なんとなく毎日たくさんSNSに投稿する…。それらが全くの無意味とは思いませんし、「継続は力なり」であることも間違いないです。

ただ、ビジネスで結果を出すのであれば、明確な目的意識が必要です。

ただブログを書き続けるのであれば「自分の実力や専門性を証明して、このサイトに訪れた人を一発で落とせるように」という意識が必要ですし、逆に効率よく集客をしていくのであれば「黙々と記事を書き続ければいつか報われます」程度の考えでは甘いということがわかりますよね。

その思考が合っているか間違っているかは、いずれ結果としてわかることだし、上手くいかなかったら上手くいかなかったで軌道修正すればいいだけの話なので、別にどちらでもいいと思うんです。

ただ、思考停止になってしまっていたら何も起きないし、成長機会も損失するので、常に明確な目的意識を持ってビジネスに取り組むことを徹底していきましょう。

そして、集客を軌道に乗せるには「自分一人でなんとかしようとしない」ことが超重要ですね!

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる